2015年02月25日

退職者優遇の定期貯金

NB10_19.JPG
知人から耳寄りな情報を聞いた。

金融機関には、退職してから1年間だけの優遇措置があるという。

3ケ月定期預金の利率が、その1年間だけ1.5%程度になるという。

税抜き後の利率だ。

これにはビックリ。


だって、普通の定期預金の利率が0.2%なんてザラだもの。

それが、税抜き後で1.5%だ。


それも退職した年の1年間だけの優遇措置だというから、利用しない訳にはいかない。

預ける金額に制限があるので、小市民の場合、基本的には一生に1回ポッキリのチャンスだ。


知人によると3ケ月ごとに銀行を換えれば4回のチャンスがあるという。

頭のいいもんは、いろいろ考えるもんだ。

私もちょっとは勉強してみようか。


posted by 田沼 at 05:47| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小遣い稼ぎも趣味のうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

定年間近に保険の整理

NB10_19.JPG
保険会社のセールスウーマンから、保険の更新について話したいと言ってきた。

なんだ?

保険なんて全然分からない。

全部、奥さん任せだった。

1年ほど前に保険を整理したじゃないか。

面倒なので、話し合いは奥さんに振ることにした。


すると、数日後の夜。

「保険の話をしよう」と奥さんに呼ばれた。

ここに座りなさい」と言わんばかりだ。

「お父さんに分かるよう図にするから」と、何やら広告の裏に年齢を横軸、保険内容を縦軸にした図を描き始めたではないか。


待つこと1時間。

その間、ボーッとTVを観ていた。

「いい、説明するけんね」

ハイ、ハイ。

どうとでも説明してください。


説明を受けること数分。

結局、貯蓄型の郵便保険はそのままに、民間の保険は二人で月1.6万円ほどに・・・ということになった。

保険会社は投資型の保険を勧めているようだが、10年後の利益よりも今現金を握っていたいと考え、全部断ることにした。

保険会社の手数料や物価上昇分を差し引いたら、本当に利益が出るのか怪しいもんだ。

お金はあっていても身体が動かないのでは元も子もない。

どんな投資にも、リスクが必ず付いてくるし・・・。

贅沢は敵だが、ある程度は身体が動く内に使うのが一番いいと思っている。


ここまでの結論に達するまで30分。

奥さんの描いた図が素晴らしかったから早く終わったのか、図さえいらないくらいに簡単な内容だったのかは明らかにすまい。

保険屋さんと根気よく話した奥さんを称えたい。

そして、一件落着を喜びたい。





ラベル:定年 保険
posted by 田沼 at 05:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小遣い稼ぎも趣味のうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

定年後のバイトに代理参加業

先日、あるボランティア団体のレセプションに参加した。

NB28_20.JPG
知人の紹介だった。

受付で名前を尋ねられ、名簿にマーカーペンでチェックを入れられた。

受付をやっているのは見ず知らずの若い女性。

会場にも知った顔はほぼ0人。

名簿のチェックを受ければ参加したことになる。

豪華なお食事付きだ。


「互いに顔を知らないどうしの集まりでは、代理人が参加しても分からない」のではないか。

そのことに思い当たって驚いた。


かつて、代理業参加業なるものがあるという話を聞いた。

結婚式や説明会、フォーラム等への代理参加という仕事があるらしい。


結婚式では、足りない親族の数合わせや遠方の親戚の代理出席。

説明会や行政のフォーラムでは、参加が面倒な会社の代理出席。

会社関係の結婚式の代理参加というのもあるらしい。

報酬もいいし、食事やお土産付きなんてのもあるそうだ。


回数そのものは少ないかも知れないが、定年後のアルバイトになればおもしろいかな?・・・と胸算用してみた次第である。



にほんブログ村

posted by 田沼 at 07:40| 福岡 ☁| Comment(0) | 小遣い稼ぎも趣味のうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする