2016年07月13日

トマトの脇芽で時期ずらし

CIMG0028.JPGトマト栽培で、日頃の管理は脇芽かきということになっている。


それなのに、雨が降って2〜3日も見回りに行かなかったら、太い脇芽が成長してしまっている。

時には、可憐な花まで咲いていたりすると、処理しようにもできなくなる。


栽培本には、「大きくなった脇芽はさし木で育てよう」みたいな文言があった。


昨年までは、脇芽の大きいのはすぐに土にさしていたんだが、すぐに枯れてしまっていた。


CIMG0026.JPGそれが間違いだと気付いたのが、2ケ月前。

YouTubeでトマト栽培の勉強をしていたら、脇芽はペットボトルなんかに水を入れ、茎から根が生えてくるまでしばらくは水耕栽培するんだそうだ。

その後に土にさすと、成長するらしい。

根本的な勘違いをしていたらしい。


さっそく、その通りを実践したら、今度は立派に脇芽が成長し出した。

今では、菜園区画のあちこちに脇芽のトマトが植わっている。

今年は、時期ずらしのトマトも食することができるだろう。




posted by 田沼 at 20:54| 福岡 ☔| Comment(1) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

小玉スイカの宙吊り栽培


CIMG0022.JPGスイカは作り過ぎても困ってしまう。

冷蔵庫で冷やすのは、半分に切っても1個分がせいぜいというところだ。

夫婦二人だと、大玉スイカが形を変えながらも1週間は冷蔵庫に入っている。

三人の息子たちは、それほどスイカが好物というほどでもない。

一個の半分くらいは貰ってもらったが、後は畑で腐らせてしまった。


そこで、今年は小玉スイカを栽培することにした。

これなら、保存しやすい。

ついでに、露地栽培ではなくって空中栽培に挑戦することにした。

CIMG0025.JPG平たく言えば、キュウリみたいにネットで上に誘引し、実ができたら宙吊りにするというものだ。

これなら広い栽培地が必要ではないので、小さなふれあい農園には適している。


一週間ほど前から実が成り出して、直径が20cmほどにもなって来た。

それで、今は赤い袋状のネットを買ってきて、小玉スイカを吊るしている。

5〜6個が成長しているので、もう1週間もすると一個目が食べられるだろう。


追伸

ネットを突き破りそうに成長したので、CIMG0020.JPG本日1個を収穫。






posted by 田沼 at 20:59| 福岡 ☔| Comment(2) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

長ネギの土寄せに板塀立てた

長ネギは深く土を掘って、成長に合わせて土をかぶせていくのがセオリーだ。

昨年は、その方法で冬の鍋、博多水炊きやすき焼きを楽しんだ。

CIMG0021.JPG

今年は、ちょっと違った方法に挑戦している。

YouTubeのサイトから学んだものだ。

土寄せの代わりに、ネギの両側に板を張って育てるというものだ。

私の場合は非常に無計画にやっているので、ブロック側に土が寄せられなくなった。

それで、仕方なく板を使った・・・という程度の挑戦だ。

それも、長ネギの片側だけ。

こんなんで、出来上がるんだろうか。

乞うご期待というところだ。





posted by 田沼 at 17:49| 福岡 ☔| Comment(0) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。