2015年11月25日

ハンガーゲーム完結編

第一作目を観たのは、本当に暇つぶしだった。

12人の若者が殺し合うゲームみたいな映画。

日本にも似たような作品があったので、これもB級作品だと思っていた。

観てみると、とんでもなく面白い作品だった。


支配者の娯楽としてゲームで、殺し合わなくてはいけない若者たちの苦悩。

突然現れたヒロインは、戦うことを憎みながらも参加した。

ジェニファー・ローレンス。

その後、全米で若手ナンバーワンの人気女優に成長した。

第二作目からは、勝利したヒロインが人々の命をもてあそぶ大統領に立ち向かう。


そして第4作、ついに完結編だ。

先には、ハンガーゲームFAINALなんて題名だったので、うっかり最後かと思ったらFAINALの前編だった。

悔しい思いはしたが、今日の日がなおさら待ち遠しくなってしまった。


さて、本作品の感想。

さすがに完結編・・・という感じだった。

反乱軍の女神のように扱われることに苦悩を感じるヒロイン。

彼女は人を殺すことに苦しみながらも、新たな闘いに挑んでいく。

ジャンヌ・ダルクみたいだ。


宿敵の大統領をどんどん追い詰めていく。

主人公の弓矢が炸裂する。

闘いの場を地下の排水溝に設定して、地底人との壮絶な戦いが始まる。

これでもか、これでもかというアクションを見せてくれる。


二転三転するんだが、大統領を処刑するシーンがクライマックスだ。

・・・と思ったら、まだまだあとの物語があった。

最後は、どんなシーンで締めくくるんだろうと思っていたら・・・・・・。


ネタばれになるので詳しくはかけないが、最後の最後に少しぽっちゃりした聖母マリアかミロのビーナスみたいな女性が登場する。

闘いから数年後の世界だ。

広い草原の小高い丘の上。

目の前で戯れる夫と5歳くらいの男の子。

そして、女性は抱いた赤ん坊にやさしく語りかける。



すばらしいアクション映画なんだが、何故かラストシーンが一番印象に残った。





コメントを頂ける際はこちらをクリック!
posted by 田沼 at 05:16| 福岡 ☁| Comment(0) | 映画は楽しい いつまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

コードネームU.N.C.L.E

いやあ・・・!

実に楽しかった。


かつてのナポレオン・ソロだ。

舞台は1960年代。

ストーリーの鍵を握る女性(車の整備士)は、名優オードリー・ヘップバーンに似たスレンダー美人。

日本で言ったら、桐谷美鈴というところか

決して、ブラマーでもなければ身長が高いわけでもない。

服装は、ヘップバーンみたいな逆三角形のミニワンピース。

メイクもヘップバーンの時代そのものだ。

おじさん達は、思わずニンマリしてしまう。


しかも、ローマの休日に登場したような観光地で事件勃発。

主役の二人は、やっぱりローマの休日に出てきたようなスクーターでローマの町を走り回る。

今となっては、おもちゃみたいな秘密兵器が登場する。

初期の007みたいだ。

音楽やカット割りは現代風なんだけど、出てくる人物や内容が1960年代風ばっかり。

他にも名作映画のシーンが満載だったんじゃないだろうか。


1960年代に007が公開されて、その後すぐに0011ナポレオン・ソロがTVで始まった。

当時、まだ小学生だった私は、アメリカ映画とばっかり思っていたんだが、ヤフーで検索したらイギリスTVドラマだと分かった。

今回、映画を観ていると英国情報部(007も所属)が絡んでくる。


ナポレオン・ソロはCIA.

イリヤ・クリヤキンはKGBなんだもんなあ。

最後に英国情報部が登場して、映画の全体像が解き明かされるというストーリー仕立てだ。


また、アンクルというのは組織名かと思っていたら、作戦にかかわる数人のグループ名だった。

次回作を匂わすようなラストシーンだったので、今後が楽しみだ。


posted by 田沼 at 05:03| 福岡 ☁| Comment(0) | 映画は楽しい いつまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

007にSW、ハンガーゲーム

11月後半からは、先に公開されたアンクルに引き続いて話題の映画が目白押しだ。

アンクルも昔懐かしいナポレオン・ソロの最新版なんだから、映画ファンとしては見逃せない。



当然、ハンガーゲームは、完結編なんだから期待は高まるばかりだ。

なにせ、前作が最終章の前編という設定に騙されたもんで、その後編は絶対に見てやると一人で意気込んでいた。

エンディングで、ヒロインにはどんな勝利が訪れることだろう。


SW(スターウオーズ)の最新シリーズにも興味がある。

新しい三部作が始まるということなので、世界中のファンが首を長くして待っているというもの。

初めは子ども向けのおとぎ話と思っていた。

それが、アレヨアレヨという間に世界的な大冒険ストーリーに発展してしまった。

今回も新たな筋書きでスタートするようなので、ファンならずとも興味が沸くところだ。


私がもっと持ち望んでいるのが、007。

ゼロゼロ・セブンではなくって、ダブル・オー・セブン。

主役がショーン・コネリーの時代から、ピアース・ブロスナンの時代まで迄は、小粋なスパイアクションだった。

世界を巡る旅の楽しさも見え隠れしていたように思う。

銃は護身用のワルサーPPKで、車はアストンマーチン。

毎回、Qが提供する秘密兵器が魅力的だった。


それが、今のシリーズになってからは、緊張感でピリピリし通しのミステリー➕アクション映画になっている。

本気モードいっぱいといった感じだろうか。

それはそれで、新しい007の魅力なんだろう。


最新作は「スペクター」ときた。

45年ほど前に読んだ原作。

そこに登場した007の宿敵が、スペクターだったように記憶しているがどうだったろう。

ジェームス・ボンドの過去を暴き出すという最新ストーリーが楽しみだ。



余談になるが、新作の中の爆破シーンはギネスに登録されたと聞いた。

映画史上最大の爆破シーンというお墨付きだ。

ワクワクしながら、公開を待つことにしよう。



posted by 田沼 at 04:47| 福岡 ☁| Comment(0) | 映画は楽しい いつまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。