2016年05月05日

有田陶器市はいくつかの顔を持つ

だ連休の、カンカン照りの日曜日。

後で聞いたら、最高気温だ26度だったらしい。


今日は、奥さんの長年の夢だった有田の陶器市にやってきた。


博多駅から1時間半余り。

車は渋滞しそうだったし、駐車場がないかもしれないという不安があった。

それで、列車の旅を楽しむことにした。

帰りには、ビールでも飲んで寝てればいい。


さて、今回有田に行ってみて、「有田の陶器市にはいくつかの顔」があるように思った。

先ず一つ目は、言わずと知れた陶器市としての側面。

IMG_20160501_110721.jpg

JRの臨時便に乗って上有田駅(有田駅の一駅東)で下車。

大勢の人の波に乗って、田舎道を歩き出す。

IMG_20160501_111558.jpg

すると、昔懐かしい風景がある。

籠にギシギシに詰まった陶器の数々。

IMG_20160501_114638.jpg

100円とか200円とかの価格表がうれしい。

上有田駅から有田駅までの道路は、その日歩行者天国(昭和の言葉か?)になっていて、その長さは3kmにも及ぶらしい。

IMG_20160501_113537.jpg

道路の両側が窯元であったり、陶器の販売店であったり・・・。

店の軒先に積まれた陶器の中で、気に入った品物を値切って買うのが陶器市の風情だったと聞く。

今は、そんな風景もあまり見られないが、昔風の建物や工房の中まで解放されていて、新作も多く展示されている。

ちょっと気に入ったぐい飲みを手に取ってみると、3500円の名札。

これは、まだまだ。

焼酎のお湯割りコップが23000円。

とても、庶民には手に入りそうにないものもいっぱいだ。


IMG_20160501_131213.jpg

器市には、リュックが必需品だ。

会場は3kmの道のりを歩き回るんだから、陶器を買い占めていたらビニール袋では両手がふさがってしまう。

第一、重い。

リュックで背中にからうのが一番理に適っている。

中には、買い物用のゴロゴロキャリーを引いている人もいる。

新規オープンの飲食店や壁掛けの飾り物を手に入れたい人にはもってこいのアイテムだろう。


追伸

有田駅や上有田駅周辺の店が安いように感じた。

2つ目以降の顔は、次回以降のブログで紹介。




posted by 田沼 at 20:39| 福岡 | Comment(0) | 大人の遠足・旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

旅行の口実ができた


次男のところに、三人目が誕生するという。

9月の下旬当たりが予定日らしい。

kankoukyaku_family.png

お嫁さんの実家が鹿児島なので、二人目まではそちらで出産した。

だから、今度も・・・。


そうなると、福岡のじいちゃん、ばあちゃんも出産直後に逢いに行かねばなるまい。

夫婦で顔を見合わせて、にっこり。

次男家の三人目の誕生を口実にして、鹿児島への行計画が発進した。


一人目の時は、鹿児島市内の観光地を駆け足で回った。

二人目の時は、老舗の城山観光ホテルを中心に、天文館を楽しんだ。

三人目は、指宿や霧島に行こうかと提案したら、奥さんからNOサイン。

鹿児島市内をもっとゆっくり散策したいし、仙巌園(磯庭園)もゆっくり回りたいそうだ。


忘れてならないのが、天文館のムジャキ。

これは、譲れない。

シロクマではなくって、地下で食べられるお好み焼きが目当てだ。

これまでに食べたお好み焼きの中で、一番においしいことは間違いない。

具の焼き具合といいい、ソースとマヨネーズの味加減といい、何をとっても絶品だ。



天文館の十字路にで、スープが濃いい薩摩ラーメンも捨てがたい。

一枚300円〜500円もするさつま揚げもそうだ。

みんなみんな素晴らしい。



これまでの2回は車で出かけたが、3回目は新幹線で行ってもいい。

帰りはさつま揚げを肴に、ビールを飲みながら博多を目指そうか。


そんんあこんなで、次男家の三人目が誕生するのが楽しみだ。




posted by 田沼 at 21:29| 福岡 ☁| Comment(2) | 大人の遠足・旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

紅白が映える赤間神宮


赤間神宮(あかまじんぐう)は、山口県下関市にある。

IMG_20160305_135314.jpg

位置的には、唐戸市場を西に歩いて100m、海側のデッキを5分といったところか。

IMG_20160305_135424.jpg


唐戸市場から関門海峡を右手にみながら3分も歩くと、紅白に彩られた中国式の門が見えてくる。

武雄温泉の門と瓜二つというところか。


IMG_20160305_135538.jpg


ここには、壇ノ浦の戦いで源氏に追い詰められ、幼くして瀬戸内海に沈んだ平家の安徳天皇を祀っている。

江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていたらしい。

平家一門を祀る塚が神社の左奥にあることでも有名だ。

P3050041.JPG

『耳なし芳一』の舞台でもあるので、祠も建っている。

P3050043.JPG

石段を踏みしめながら登って本殿に参る。

IMG_20160305_135613.jpg

後ろを振り向くと、下に赤門。

P3050045.JPG

門の向こうには海が見えるんだが、ちょうど船が通りかかったのでワク内入ったところでパチリ。

IMG_20160305_141045.jpg

吾ながら、いいスナップだ。



posted by 田沼 at 18:16| 福岡 ☔| Comment(0) | 大人の遠足・旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。