2015年06月15日

庭にトマトの雨よけDIY

ふれあい農園で収穫したタマネギ。

我が家と長男家庭と次男家庭でそれぞれ30個ほどを確保したら、後は縁側の屋根のあるところに保存した。

IMG_20150613_153456.jpg


庭の片隅では、プランターを利用した家庭菜園もやっている。

小玉スイカやメロン、枝豆(網掛け)などは東側に、トマトは隣との堺で西側に配置している。

IMG_20150613_153547.jpg

毎年、尻腐れしたり、実割れしたりと散々な目にあってきた。

定年したら時間が一杯なので、トマトに雨よけを造ってやろうと考えた。


IMG_20150613_153608.jpg

材料は基本的に捨てずに取っておいた余り物。

使わなくなった物干しの支柱+物干し竿+ビニール+誘引用の菜園支柱など。

IMG_20150613_153518.jpg

西側には樹木があるので、東側だけにビニールを流せばいい。

余り物を適当に組んで、誘引用の紐で結べば大体出来上がり。

IMG_20150614_102917.jpg

風で飛ばないように下側を結んで完成だ。




今年こそは、庭のトマトが大収穫・・・・といきたいものだ。






posted by 田沼 at 05:07| 福岡 ☁| Comment(2) | めざせDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

ウッドデッキの修理

待ちに待ったGW。

と言っても、旅行に行ったんじゃない。

我が家では、GW中は動かないというのが決め事だ。

道路は渋滞するし、観光地は人、人、人。

宿泊しようものなら、宿は高値。

それで、GW中は家でゆっくり過ごすか、家の仕事等に当てると決めている。


この長期の休みを利用して、念願であったウッドデッキを修理することにした。

我が家のウッドデッキは自作して15〜20年経っているので、あちこちが痛んでいる。

プランターやプラスチック池を置いていた一部の木が腐っていて危険でもあった。

CIMG0005.JPG

思い切って、それらの部分はみんな剥がして新しい板で修理しようと思う。

CIMG0003.JPG

剥がしてみると、自分でやっていながら欠陥工事が随所だらけ。

CIMG0004.JPG

何かで使った余りの材料で造っているので、手抜き工事ばっかりだ。

土台の張りさえなかったりする。

え〜い、この際、全部やりかえだ。

CIMG0001.JPG

費用は、土台に使った機材や腐食加工済みの木材も合わせて1万円ほど。

CIMG0003 (2).JPG

工事日数3日(朝3時間、夕方3時間)。

人件費はタダ。


これで、安心して庭での家庭菜園が出来るし、孫も遊ばせられる。

いい暇つぶしになったし、体を動かしたので健康にもいい。

めでたし、めでたし。



posted by 田沼 at 04:17| 福岡 ☁| Comment(0) | めざせDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

ビニールコンポストで腐葉土づくり

定年の前日だというのに、なんの記事も浮かばない。

こんな時は前記事の焼き直しでお茶を濁すことに。

zansai2-thumbnail2.jpg

家庭菜園をしていると、野菜
の屑などがたくさん出る。

私にとっては、宝の山だ。

腐葉土の材料が満載に見えるから。


ショップで買っても大した金額ではないが、循環型の生活を考える時、腐葉土も自分で作るようにしたい。

作り方は簡単。

ゴミ用の黒ビニール袋をコンポストにして使えばいい。
bini-rudume-thumbnail2.jpg



【作り方】


@ 黒いゴミ用のビニール袋を準備。
  大きくて丈夫なものがいい。

A 野菜の葉っぱや茎などをスコップで小さく砕く。
  大きさは適当でいい。

B それをビニール袋に詰める。
bini-ruhuse-thumbnail2.jpg

C その後は、畑の端の土の上にでもビニールの口をあけたまま、下向きにして置いておくだけ。


D 冬なら数ヶ月、夏なら1〜2ヶ月で腐葉土の出来上がりだ。


庭の落ち葉も同じようにして、隅っこに置いておけばいい。

今からだと、植え替え時期に使えることだろう。



posted by 田沼 at 04:57| 福岡 ☁| Comment(0) | めざせDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。