2016年05月16日

癖になってしまううどん

練り込みうどん「権(ごん)」といううどん屋がある。

福岡県志免町の話だ。

数か月前に発見したうどん屋だ。

馴染みのうどん屋は他にあったんだが、いつも同じじゃあつまらない。

ちょっと雰囲気の違ったうどん屋を探していたところに、タイミングよく粕屋町から福岡市へ抜ける大通りでこのうどん屋を発見した。

それから、すでに数回。

いろいろ食べ歩きもしているんだが、ひと月もするとここへ戻ってきてしまう。

注文するのは、決まって肉+ごぼう天うどん。

昔から好みだ。

そう、中学生時代に博多駅の地下街、因幡うどんで覚えた味だ。

IMG_20160430_123233.jpg

ここ権(ごん)のごぼう天は一種独特の形をしている。

見方によっては戦国時代の兜に見えなくもない。

薄くスライスしたごぼうを円形にまとめた天ぷらだ。

ちなみに、ごぼう天や丸天、小エビの丸い海老天は福岡のご当地メニューらしい。

ごぼう天にうどん汁がしみ込んで、味の相乗効果を醸し出している。

肉は醤油味のそぼろ煮だ。


今回も満足しながらの帰宅になった。




posted by 田沼 at 17:41| 福岡 | Comment(0) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

手作り鶏ハムとの出会い

長男の嫁さんが、鶏肉で生ハムを作ったといって我が家に持ってきた。

よく見ると、赤ん坊の二の腕くらいの太さの生ハムだ。

IMG_20160427_191843.jpg

60年以上生きてきて、家でハムを自作するなんて初めて聞いた。

彼女は新しい料理にもたびたび挑戦しているようだ。


うちの奥さんが聞いたところ、小さくバラしてサラダかけると美味いらしい。

それで、早速レタスを敷いた上ににちぎってふりかけた.

IMG_20160427_192037.jpg

塩気がきいて、非常に品のいい味でうまい。


ちょっと贅沢なんだが適当に切ってフライパンで焼いたら、焼酎のぐい飲みが何杯もすすんだ。

IMG_20160427_192630.jpg

翌日は、ハムエッグにして朝食のおかずにするとともに、残りは弁当の中に・・・・。


ハムをもらったお礼は、庭の軒先に吊るした新玉ねぎで勘弁してもらった。

孫娘1号と2号には、一月後のジャガイモ収穫の協力要請を忘れなかった。




posted by 田沼 at 19:42| 福岡 ☔| Comment(0) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

うどんも丼もなんでも食堂

最近、B級グルメが続いているが、実は今日の記事もやっぱりB級グルメだ。

行った先は、福岡県古賀市の町川原の交差点。

右に回れば薬王寺温泉だから、西側に麺勝という食堂が位置する。

店内のメニューには、いろんな料理が載っている。

カレーもあれば、丼物もある。

そば定食も、トンカツ定食もある。

当然、うどん類の種類も豊富ななんでも食堂だ。

「うちだ屋」という、福岡では有名な食堂の関係 店らしい。


IMG_20160424_130209.jpg
あんまり空腹でもなかったし、これから薬王寺温泉に行こうと思っているので、軽い食事にしようと考えた。

数あるメニューの中から選んだのは、初見の店では必ず注文することにしている「肉ごぼう天うどん」。

肉のそぼろ煮+ごぼうの天ぷらがトッピングされている。

モチモチの中太麺に甘めのスープ。

味は、かつお出汁といりこ、醤油にみりんというところか?

澄んだスープはあっさりしていて、非常に美味だ。

肉のそぼろやごぼう天も薄味なもんで、全体的に軽めのうどんということができる。

味をきりりと占めているのは、ネギの香ばしさだろうか。


量も適当でゆっくり味わいながらの食事となった。

満足のいくうどんだった。




posted by 田沼 at 21:33| 福岡 ☁| Comment(0) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。