2016年09月21日

味噌汁づくりが日課になった

e51m_7767.jpg「お父さんが作った味噌汁は濃いすぎる」と、奥さんからよく叱られる。

途中で味見をして薄いと感じたら、迷わずに味噌を投入していた。


ある日、いつものように味噌汁を作っていて、途中で奥さんに味見をしてもらった。

「ちょっと薄いけん、出汁を入れてみてん」と言われた。

出汁なんて大した意味はないだろう・・と思いつつも、奥さんの指示に従わないと後が怖い。

インスタントのカツオ出汁をちょいと投入。

・・・のつもりが、ドバッと投入してしまった。

いい加減な私らしい所作だった。



「ああ、今度は苦くなった」と思いきや。

これが案外うまい。

カルチャーショックだ。



それからというもの、味噌汁づくりが飛躍的に発展した。

まずは鍋に適量のお湯を沸かし、インスタントの昆布ダシとかつおだしを適当に投入する。

次に、2から3種類の具を刻む。

豆腐か油揚げ、さつま揚げ等々。

キャベツに白菜、人参、ナス、じゃがいも、さつまいも、もやし等々。

具は、毎日一種類ずつ変えるようにしている。

味に飽きないための対策だ。

具だくさんの味噌汁というのも奥さんの口癖だ。



味噌は、塩分に気をつけながら、お玉に5分の一程度だろうか。


これで、絶妙な味噌汁の出来上がりだ。

美味しい味噌汁ができると、朝から気分もいい。


こんな楽しい味噌汁づくりを奥さんなんかには渡せない。

今では、奥さんが起きてくるまでに味噌汁を作っておくのが私の日課になっている。



posted by 田沼 at 20:59| 福岡 ☀| Comment(2) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

資(すけ)さんうどんがうまい

九州ではおなじみのうどんチェーン店。

昔ながらの太麺にカツオ出汁。

牧のうどんをライバルとしているらしい。
4213[2].jpg


今日は、福岡市郊外の門松店にやって来た。

昔はファミレスがあった場所なんだが、居ぬきで買ったんだろう。

いつ行っても列ができている。

店内は広くて100席くらいはあるので、5〜10分も待てばお呼び出しが必ずかかるようだ。



どの店でも一緒なんだが、注文するのは必ず肉+ゴボウ天うどん。

甘く煮た牛肉とこの店ではスライスしたごぼうの天ぷらがトッピングされている。

かつお出汁が効いたスープに、肉からの甘みが混ざって絶妙なハーモニーを演出している。

食べに来てよかったなあ…と思わせる逸品だ。


4211[1].jpg今回は、巻き寿しも注文。

見ただけで、甘酢べたべたの田舎料理だ。

コンビニやスーパーで売っているような、パサパサ感が一切しない。

食紅の甘さを強烈に感じた後に、酢の香りがホンノリする。

その後に、中の具がたっぷりの食感を主張し出して、誠実に巻き寿しを作っているおばちゃん姿が目に浮かぶようだ。



メニューは豊富で、各種うどんや丼物はもちろん、カレーやおでん、定食まであるんだから誰にでも喜んでもらえるはずだ。

メニューは写真をクリック。



posted by 田沼 at 22:00| 福岡 ☀| Comment(2) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

吉野家の麦とろろ定食

友達に新ジャガを届けた帰り、久しぶりに牛丼の吉野家に立寄った。

冬場は、月一回の常連さん?だ。

3月以降、暖かくなったら足が遠のいていた。

いかに好きなものでも、濃い味は何度も食べられない。

IMG_20160608_132052.jpg
それが、6月になって夏限定の季節メニューが始まった。

牛皿に、山芋のすりおろし「とろろ」と、オクラがついた定食だ。

ネバネバ系なので、料理研究家や栄養士さんが喜びそうな献立だ。


牛丼が濃いめの味付けなもんで、普段からぎゅう皿で注文し、味の濃さを調整していた。

とろろの定食は、実にあっさりしていて美味しい。

ちょっとばっかり醤油を落とせば、山芋の味が一層と引き立つというものだ。

これで580円というのだから、定年後のB級グルメにはもってこいというところか。

 2週間もすれば、また食べに行こうかな。



posted by 田沼 at 21:08| 福岡 ☁| Comment(0) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする