2016年06月22日

無頓着なキン肉マン

母の日に比べて印象が薄いのが父の日。

我が家の三兄弟も忘れてるんじゃあなかろうかと・・・・。

長男は事前に「父の日のプレゼントには何がいい?」と聞いてきた。

彼は、記念日を忘れないようだ。

三男は、自分の飲み分も含めて日本酒のいいのを買ってきた。

olympic25_soccer_blue.png問題は、次男だ。

こんなことには一切無頓着のキン肉マン。

案の定、母親に言われて思い出したようだ。

我が家に寄った折に「他の二人はなんか買ってきたと?」と、探りを入れてくる。

他の二人のプレゼントを説明すると、「なんがいい?」と聞いてきた。

答えに窮していると、「飲みに行こうか」だと。

結局は、こちらが払うことになるので遠慮した。

それで、「着古した作業着があったら欲しい」と言っておいた.

彼は仕事が土木関係なもんで、丈夫な作業服をいっぱい持っているはずだ。


あれから数日。

ウンとも、スンとも言ってこない。

もう、忘れている頃だろう。



posted by 田沼 at 17:53| 福岡 ☔| Comment(1) | おかしな家族たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

結納の儀式もこれが最後

010701sonota559m-trans.png三男の結納が終わった。

相手のご両親にご挨拶する席を設けての儀式だ。

長男と次男の時もそうだったが、実に緊張するもんだ。

うちの奥さんなんて、自分はな〜んに話さないくせに「ああでもない、こうでもない」と指示ばかりを飛ばす。

現場に行ったら、必ずだんまりを決め込むんだ。


ともあれ、緊張の儀式挨拶も終了した。

これが苦になっていたもんで、連休もゆっくりした気分になれなかった。

昔からそうなんだ。

人前に出るのさえ億劫なのに、初対面の人に挨拶するなんて大の苦手だ。

仕事ならいざ知らず、プライベートでやるなんて・・・・。

まあ、仕方がない。

我が息子のためなんだから、逃げられないだろう。



次は、結婚式の親族代表の挨拶だ。

誰がこんな式次第を考えたんだろう。

きっと、東京タワーでテレビ結婚式を始めた時のディレクターか放送作家だろう。

恨み骨髄だ。


posted by 田沼 at 23:49| 福岡 | Comment(2) | おかしな家族たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

ついに三男坊が引っ越した

最後まで、我が家に居ついていた三男が独立した。

学生時代は長崎に一人暮らししていたが、福岡に就職して3年というもの我が家に居候していた。

music_guitarist_boy.pngこれまで飛び回っていたバンド活動も一昨年よりセーブするようになり、仕事に集中し出した今日この頃だった。

その間、家賃は取っていたが三男坊ということもあり、贅沢な居候生活を許してきた。

三男からよれば、「家賃の何倍も世話になったように思う」ということだった。

これで、経済的にも生活の諸事でも完全独立を果たしたことになる。


結婚の二文字も見えてきたゴールデンウイーク初日に、三男は我が家を後にした。

と言っても、車で30分の距離だから、いつ何時にでも帰ってくると言っている。


長男が仕事を休んで、朝から引越しの手伝いに来てくれた。

孫娘1号が一緒に行くと言ったらしいが、「今度ネ・・。」と言い含めたらしい。

手伝いにでも来られたら、やかましくって仕方がない。

いろいろ勝手に動き回るので、邪魔でもある。

彼女の手伝いは、気持ちだけを受け取ることにした。


hitorigurashi_man.png

三男の新居は、三階建ての新築に等しい今風のアパートだ

遠方に大宰府が見え隠れし、南側におおきく開いた絶好のロケーションときている。

室内はピカピカで、気密性が高くエアコンが効きそうだ。

クローゼットが2ケ所もあるので、収納には便利だろう。

バスルームは清潔で、湯船も広い。

築35年以上が建った我が家と交換してほしいものだ。


しばらくしたら、孫娘1号、2号を連れて遊びに行くことにしよう。



posted by 田沼 at 20:51| 福岡 | Comment(2) | おかしな家族たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする