2016年09月27日

菜園仲間にあだ名を付けた

tehepero4_oldman.pngふれあい農園で半年も野菜づくりをしていると、自然に知り合いができる。

菜園に出る時間帯が同じだったり、区画が近かったり。

互いに声を掛け合う内に、なんとなく親しくなった人たちだ。

会うたびに、ほんの一言二言声を掛け合っている間柄だ。

かと言って、名前を呼び合っているわけではない。

「私は田沼です。あなたは?」なんて名前を聞くわけにもいかない。


そこで、ふと思いついた。

顔を忘れないように、あだ名を付けよう!

もちろん、自分の心の内側だけでの話だ。


oldman_78.png先ずは、ファームさん。

自分の区画に何々ファームと看板を立てて楽しんでいらっしゃる。

いつも区画に野菜がいっぱいだ。

働き者なんだ。


oldman_80.png次は、元気さん

体格がよくって、声も大きい。

東京から転勤でお出でになったという話。

人懐っこい感じだ。


oldman_75.png教授さん。

私の区画の隣人だ。

品があって、おっとりしていらっしゃる。

奥様同伴の時が多い。


oldman_83.pngドライブさん。

定年前は、観光バスの運転士をしていらっしゃったらしい。

後で聞くと、同じ隣組さんということでびっくりした。

真面目を絵に書いて、額に貼ったような人だ。



自分だけでこっそり使っているあだ名だから、害はないだろう。

極秘情報だ。

こんなことも菜園生活の楽しみの一つかもしれない。






posted by 田沼 at 20:23| 福岡 ☀| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: