2016年09月10日

東映オールスター・総天然色

最近のTVは、私を視聴対象者から外したようだ。

観たいと思う番組が無い。


それでいつものようにYouTube。

今日は時代劇でも見ようか。


あったあった、水戸黄門だ。

それも初期の映画のようで、黄門様に月形龍之介。

格さんに東千代之介。

助さんに大川橋蔵だ。

主役なんだからここまでは、当然のキャスティングだろう。


しかし、その後に続く人たちがすごいのなんのって!

大友柳太朗に市川右太衛門。

中村錦之助までが出た時には、ビックリ仰天だ。

最後は、片岡千恵蔵御大まで出てくるんだから超豪華キャストだ。


東映時代劇のオールスター、総天然色映画だ。

映画館の前には、ベニアに描いた大きな看板やのぼり旗が出ていたっけ。

「子どもの頃は、年に一回はやっていたなあ」と懐かしく思い出した。



話の筋は、お決まりの勧善懲悪。

そんなことより、当時の大スターに十分な見せ場があるんだろうかと心配になった。


千恵蔵御大の呼吸法が健在だったのが、なぜか一番印象に残った。

また、黄門様が身分を明かすために印籠みたいなものを出すんだが、町人にこっそり自分で見せるところが庶民的でよかった。

顔を見知った女優さんも何人か出ているんだが、残念なことに名前が分からなかった。





posted by 田沼 at 22:14| 福岡 ☀| Comment(0) | 映画は楽しい いつまでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。