2016年09月03日

お義理の葬儀にはでない

osouhiski_iei.png知人から、知人の訃報が入った。

特に親しかったわけでもないので、通夜や葬儀は欠席することにした。


ふと思ったんだが、ここ数年一度も葬儀に参加したことがない。

昔の上司や知人の訃報を聞いても、特に親しく話したりお世話になったりした記憶がないからだ。



バリバリの現役時代は、仕事関係を中心にたくさんの葬儀に参加していた。

その人との関係がどうのこうのではなくって、仕事上の付き合いだから…という理由だけで参加していた。

参加しなければ、後で・・・・という心配もあった。


葬儀というものは、残された遺族や親せき、知人が故人を忍ぶためにやるものだろう。

それが仕事上の付き合いとかお義理で参加とかだと、かえって失礼に当たるんじゃあなかろうか。

そう思うと、もういけない。

定年間近になると、お義理で参加することがどうにも苦痛になってきた。


それで、よっぽどのことがない限り、葬儀には参加しない・・・というルールが自分の中に出来上がった。



参加しなかったからと言って、誰かに何かを言わることなんて一度もない。

参加しなかったら・・・なんて、私の思い過ごしだったんだ。


ましてや定年後は一個人として生きている。

仕事上の付き合いなんてなくなったんだ。



定年したら、自分の好きなようにように生きていいはずだ。

皆からいい人と思われる必要も無いんだ。

そう思うと、随分と気が楽になった。


ちなみに、私の葬儀は不要と家族に言っている。

ついでに、無神論者なので戒名も不要と言っている。







posted by 田沼 at 20:55| 福岡 ☀| Comment(2) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お義理の葬儀に出たいか?と定年したら働き
者でなくていいは本当に私の気持ちを良くしてくれた助言です今後とも良いお話し楽しみにしております 台風が近いようです くれぐれもご注意下さい。
Posted by 海猿の父 at 2016年09月03日 17:54
海猿の父さんへ
ありがとうございます。
実は、本の受け売りでもあるんです。
図書館での立ち読みで、ペラペラめくっていたらこんなことが書いてあったんです。
我が意を得たりと思ったもんですから、書き記すことにしました。
台風が福岡県にも上陸しそうです。
久しぶりの台風です。
20年前くらいに来た時は、停電してしまいました。
それでも、ろうそくや懐中電灯を焚いて、キャンプ気分を楽しみました。
家族4人でキャッキャいいながら、ボードゲームを楽しんだ思い出があります。
Posted by tanuma at 2016年09月03日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。