2016年09月12日

量り売りの惣菜は安上がり

イオンの総菜売り場に、おかずの量り売コーナーがある。

IMG_20160906_124039.jpg

大皿にいろんな惣菜が盛ってあって、好きなものを好きなだけ容器に詰めていいという。

IMG_20160906_124112.jpg

詰めたら、自分で重さを量って容器の蓋に価格シートを張り付ける。

レジに行って、会計を済ませば万事終了というシステムだ。


これだと、次のような利点がある。

@ 家にご飯はいっぱいあるから、弁当はいらない。

「今からご飯だけは炊いてもいい」という時も同じだ。

A たくさんの弁当が並んでいるが、帯に短したすきに長しという時がある。

自分の好きなおかずだけ選べれば、これに越したことはない。

B 容器におかずを多く盛れば値段が高くなるし、少なく盛れば安くなる。

重さで値段が調整できるので、ここは工夫のしどころだ。

C 30種類ほどのおかずから選択できるので、一口ずつ容器に入れることもできる。

D 1000円分も盛れば、豪華な居酒屋料理が出来上がる。


IMG_20160819_185213.jpg

そんなこんなで、今日のおかずはレバ・にら炒め、ナスのお浸し、から揚げ、揚げ豆腐の煮つけ等々で444円也。




posted by 田沼 at 21:36| 福岡 ☀| Comment(0) | 節約も遊びにしてしまう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: