2016年08月22日

食事もできる本屋オープン

TSUTAYAの福岡志免店が、7月下旬にオープンした。

job_book_honya.png
関東では珍しくはないだろうが、パン屋やコーヒーショップが併設された本屋なんて福岡では珍しい。

武雄市の市民図書館がそんなんだった。


さて、今回は福岡志免店のお話。

閉鎖したホームセンターを改築してのオープンじゃないかと思う。


先ず目立つのが、玄関横に併設されたピザ店。

ガラス張りなもんで、まるで温室のようだ。


書店の中に入るとパン屋もあって、そこにも人がいっぱいだ。

もちろん、見渡す限り本の山。

低い棚に平積みにされた新刊もあれば、3mほどの金属棚に並べられた中古本もある。

中古本の規模は、日本一という話だから大したもんだ。

店内のあちこちに形を変えた椅子があって、ゆっくり試し読みもできるようになっている。

新刊を食事をしながらでもOK!

キッズコーナーの横の長机コーナーには電源まであるから、PCなどの充電も出来そうだ。

看板によると、3冊までは持ち出して読めるらしい。

まるで、図書館のようだ。

試し読みして、気に入ったら買って帰るというシステムになっているらしい。

損して得取れの商売か?

「試し読みしたものは、買って帰らなくてはいけない」というような心理に陥るかもしれない。


玄関から右奥へ進むと、DVDの新品、レンタル、中古品がやはり3mの鉄製棚にずらりと並んでいる。

ここに来ると、探しているものが必ず見つかりそうだ。



休日に行ったもので人、人、人でごった返していた。

230台の駐車場が満杯だ。

平日にやってきて、パンを買って試し読みしたり、Wi-Fiを活用したりしてゆっくり過ごしたらいいだろう。


近隣の本屋は厳しい経営を迫られるはずだ。

イヨンモールの本屋でさえ規模を縮小しているもの。
posted by 田沼 at 17:45| 福岡 ☀| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: