2016年08月15日

去就 隠蔽捜査6

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
作者は、今野敏。

【本の帯】

大森署管内で女性の連れ去り事件、さらに殺人が勃発。
ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新任の上役と対立する。

家庭でも娘にストーカー騒動が発生。

予想不能の事態が公私に続発して…不穏な緊張感漂う最新長篇!

【読書後記】

いつも本は図書館から借りて読んでいるんだが、今回は書店で買って読んでしまった。

買い物のついでに、本屋を覗いたら目の前に平積みされていた。

チラ見して通り過ぎようと思ったが、いかんいかん。

勝手に手が動いていしまった。

気がついたらレジの前に並んでいた。

今野敏の隠蔽捜査シリーズだ。

見つけてしまったのが運の尽きだった。

1600円もしたのに、一気読みしてしまった。



人公は、変わり者の警察署長。

警視長という階級で、キャリア官僚の出世頭だった。

息子の不祥事で、今は所轄の署長に降格している。

その幼馴染が、警視庁本部の刑事部長。

世間知らずで、正義感だけが強い警察署長と苦労人の刑事部長が対立しながらも問題を解決していくおなじみのストーリーだ。

特に推理やアクションがるわけではないが、会話文が多くスピーヂィーな展開が魅力になっている。

署長と刑事部長の掛け合い漫才みたいな会話も面白い。

警察小説なので事件は発生するが、ストーリーの主軸は警察内部の権力闘争の記述が多い。


敵は警察内部の上司であったり、組織論を振り回す同僚だったりする。

今回の悪役は、警視庁第二方面本部長。

東京の第二方面(品川区と大田区)の所轄を統合する本部長なんだが、階級は警視正。

署長が警視長だから、組織上の上下と階級上の上下が逆になっていることから起こる対立が軸になっている。

そこに、ストーカー事案から、猟銃を持った犯人の立てこもり事件へと発展した事件が絡んでくる。

SITが出てきたり、テロ対応の専門チームが出てきたり・・・・・。

あっという間の数時間だった。


いや〜!

読書って本当に楽しいもんだなあ。




posted by 田沼 at 20:53| 福岡 | Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。