2016年08月03日

脇芽のトマトが実をつけた

4307.jpg脇芽かきをして、ペットボトルで水耕栽培していた中玉トマトを植えていた。

それがグングンと育って、ついに実をつけるようになった。


脇芽を植えていれば、元のトマトと同じように成長するということは聞いていた。

例年、脇芽かきをした後はそのまま土に植えていた。

これが間違いだと知って、今年はペッドボトルに刺していた。

すると、茎だった部分から細い根が出てくるではないか。

ここまで至って、土に植えなければいけなかったんだそうだ。


菜園のあちこちにミニトマトなどの脇芽を植えているので、夏の後半に収穫できることを楽しみにしている。


【追記】

5月に植えたキュウリが枯れてしまったので、今でも売っている新しいキュウリを植えていた。

今頃植えても実をつけるか疑問だったが、実験的にやってみることにした。

このキュウリ、日照りの毎日をものともせずに成長している。

やっぱり夏の後半が楽しみだ。





posted by 田沼 at 22:03| 福岡 ☀| Comment(2) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キュウリ大丈夫ですよ。
今植えれば今月末か遅くとも来月上旬には実をつけるでしょう。
ただ、台風の影響さえ無ければのことですが。
例年ですとこの時期までに台風は1個ないし2個は来て夏野菜に影響してるのですが、何故か今年は全く来ず夏野菜が豊作となってます。
Posted by 豊田年男 at 2016年08月03日 19:01
ご指導をありがとうございます。
なにしろ、この時期に植えることなんてなかったものですから。
これで未をつければ、まさに万々歳というところです。
Posted by tanuma at 2016年08月06日 03:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。