2016年07月28日

最近気になる役者がいる

滝藤賢一.pngその役者は、滝藤賢一。


最初の出会いは、踊る大捜査線だった。

中国から湾岸署に研修に来た謎の中国人という役だった。

手足がひょろりと長い変な中国人役だった。

犯罪者に対しては、みごとな中国拳法を炸裂させていた。


次に見かけたのは、朝ドラ。

主人公の家の裏にあるラーメン屋の親父だった。

女房に頭が上がらない、気弱なダメ親父を演じていた。


半沢直樹にも登場している。

半沢直樹の友人で、上司にいじめられてうつ病にかかってしまう。

今にも自殺しそうな男の役をうまく演じていた。

本人自体が病気で、このまま俳優を続けられるんだろうかと思わせるくらいの演技だった。


映画64では、部下にはわがままで高圧的。

上司にはいい顔ばかりしているキャリア官僚。

表情といい、しぐさといい実に腹が立つイヤな奴だった。


そして、昨日。

新しく始まったTVドラマ「グ・ラ・メ」で再開することになった。

主人公の料理人を総理の鑑定料理人に引き上げる秘書官役だ。

一癖も二癖もありそうな秘書官役が、実に素晴らしい出来栄えだった。

幹事長から声かけられ慇懃に頭を下げながらも、その後姿を見送りながら不敵に微笑む姿が印象的だった。


このように、三枚目もやれば悪役もやる。

異常な雰囲気の犯人役もやるし、一途な刑事役もやる。

小心者もやれば、強面もやるという役者が大好きなんだ。

総理役の小日向文世がそうだし、西田敏行がそうだ。

今後の活躍に期待したい。




posted by 田沼 at 20:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TVっ子の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。