2016年07月23日

首長選は天下分け目の合戦か

jean_of_arc.pngある国のある首長選

その行方が国取りゲームのようで面白いというお話。

天下分け目の合戦だ。

だって、圧倒的な組織力から袖にされたKさんが、優位に選挙戦を戦っているというではないか。


ネットなどを見ていると、彼女に向かって支援の大波が押し寄せるようにさえも感じられる。

海底に沈ませるための波ではなくて、安全な陸地へと高く持ち上げる波のようだ。

彼女の筋書きに大政党が乗せられ、選挙民が判官びいきへと誘われているように見えるのは私だけだろうか。

流石だ!



ネット情報を要約すると、以下のようになる。

彼女は大政党の中では、少数勢力に属していた。

なのに、その政権は国民的な人気を得ていた。

それが、大政党の長老には腹立たしいものだった。

首相が政界を引退した後、彼女は閑職に追いやられた。

現首相になってからは、全く無視された。

次の総裁選でも、立候補するための推薦人を集めることはできそうにない。

それならと、彼女は首長選に打って出た。

推薦人なんていらないからだ。

おそらく、党からの支援はもらえないだろう。

除名されるかもしれない。

それなら、「党からいじめ抜かれたが、それでも信念を持って立候補したジャンヌダルク」を演出しようと考えたのかもしれない。

大政党本部にも、地方議員連盟にも一応の筋を守って支援を求めたが、あえなく無視されたジャンヌダルクの演出。

判官びいきという言葉を思い起こさせた。

ここまでが第一話。



慌てた連盟が実務型のMさんを擁立したが、アピール度が低すぎる。

他の候補を応援したら、除名処分にするという連盟の回状も逆効果だったようだ。

親族も含めて・・・とは、どこかの専制君主がやりそうなことだという批判が広がった。


もう一人の候補Tさんは、やっぱりジャーナリスト。

自治をどうするかの策はなく、人を批判してばかりいるという。

一部の市民団体の考えを前面に出してばかりなもんで、他者からは疑問符が寄せられるらしい。

女性スキャンダルまで出てしまっては、もうどうしようもないのか?

U首相の女性問題をスキャンした際の編集長だったらしい。

その後、報道の自由を訴え、説明責任が口癖の人だったという。

その人が、批判的な内容で週刊誌に描かれるとすぐに告訴したということも批判の対象になっているそうだ。

周りのみんなが、ジャンヌダルクの演出通りに動き出したのが第二話。



第三話では、勝ち馬に乗ろうとする者の登場で、ジャンヌダルクの人気はうなぎ登りになるだろう。

慌てる連盟の方々。

まさに、劇場型の様相を呈してくるはずだ。







posted by 田沼 at 22:00| 福岡 ☁| Comment(5) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
TOPページはおかしくありませんか?
Posted by たびいくひと at 2016年07月23日 06:13
第一幕、第二幕ときて、第三幕まで予想してありますが、さて、第四幕はあるのでしょうかね。

どう想像しますか。
「東京劇場」では?
Posted by 越中屋@弥兵衛 at 2016年07月24日 01:31
お二人とも、ご意見をありがとうございます。
今後の成り行きを注意深く見守っていきたいと思います。
Posted by 田沼 at 2016年07月24日 02:37
「東京劇場」侮れませんね!
第四幕を目指して某政党は候補者そっちのけで、都の将来も関係なく、必死で取り組んでいるようです。

その根性だけは見上げたものです。
第四幕は逆転につぐ逆転かもΣ( ̄ロ ̄lll)
Posted by 越中屋@弥兵衛 at 2016年07月25日 04:23
どうやら、勝負の結末が見えたようですね。
投票権はありませんが、砂かぶりの席から見せてもらいました。
Posted by 越中屋@弥兵衛 at 2016年07月26日 06:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: