2016年08月02日

どこにでもある悠々自適な生活

onsen_ojiisan.png悠々自適な生活の様相は、人それぞれの価値観に由来するだろう。

田舎暮らしするもよし。

都会暮らしで便利さを満喫するもよし。

その間を取って、週末田舎暮らしというのもある。

そこで、画を描くもよし。

釣りをするもよし。

ゴルフ三昧の人もいるかもしれない。



私の悠々自適な生活は、半田舎暮らし、半都会暮らしというところだ。

政令市に隣接しているが、田んぼも畑も山も川もある半田舎。

都市高速も、九州自動車道も、空港も、ショッピングモールも近くにあるので半都会。



そんな地で、毎日を送っている。

夏は暑いもんで、5時半にふれあい農園へ。

収穫物をリュックに入れて帰宅するのが6時半。

朝風呂につかりながら、ラジオのニュースバラエティをゆっくり聴いている。


味噌汁を作って、お湯が沸きだす頃に奥さんが起きてくる。

新聞読んで、朝食をすますと眠くなる。

10時頃から部屋に閉じこもって、本を読んだりブログを書いたり。

眠くなったら、そのまま朝寝を決め込む。



昼食を自分で作って食べたら、今度は昼寝。

5時ごろになると、庭の掃除や作業で汗びっしょり。

再度風呂に入って一息ついた頃に、夕食が出来上がっている。


焼酎を飲みながら、TV相手に突っ込みを入れていたら9時。

就寝の時間だ。

夜中の2時〜3時頃に起きだして、本を読んだり、YouTubeを観たり・・・。

かくして、私にとって極上のサイクルが終了するのだった。

明日は、日帰りで露天風呂にでも行ってこようかな・・な〜んてね。

「毎日が日曜日」なんて言葉があるが、まさにその通り。

現役は、汗水たらして働いているんだろうなと思いながら・・・。




posted by 田沼 at 20:53| 福岡 ☁| Comment(0) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: