2016年07月20日

朝ドラの頑張り具合に脱帽

「朝が来た」に続いて、「とと姉ちゃん」がおもしろい。

定年したんで、朝の8時15分までなら十分にTVが観られる。

現役時代には考えもしなかった余裕時間だ。


さて、2〜3年前の「あまちゃん」の大ヒット以来、何かと話題になっている朝ドラ。

視聴率が、ほぼ毎回20%超えという話だから驚異的だ。

よっぽどの工夫が、番組制作で検討されているんだろう。



@俳優さんの起用にも工夫があるようだ。

昔は新人の登竜門とされていたが、最近はちょっと経験のある女優さんが主役を努めている。

今回もそれほどの美貌とは言えないけど、どことなく人懐っこそうな女優さんが女流編集者の役を演じている。

異色の芸人さんを起用したり、史実とはちょっと違った人物像を演出したり・・・。

来年は、若手bPとも評される有村架純が主演するというから、力の入れ方が分かろうというものだ。



A今の朝ドラは、ダラダラと辛い日々が続く昔のドラマとは違って、そんな場面はすぐに回復するように構成されているらしい。

毎週、ちょっと頑張れば乗り越えられる山や川が用意されている。

全体的に明るい雰囲気なんで、安心して観ることもできる。


日の土曜日なんか、「新しい雑誌を作りましょう。私とならできます」と、主人公が高らかに宣言するもんだから、次週からのストーリーに期待が膨らんでしまうではないか。

どんな雑誌を作るんだろう。

どんな山を越えるんだろう。

主人公の家族は?

あの人は、ストーリーにどんな風に関わってくるんだろう?

新しい俳優さんの登場はあるんだろうか?

等々。


番組終了後の番組での有働アナウンサーの一言も興味深いところだ。

【追記】

主人公のが作ろうとしている雑誌のモデルは、「暮らしの手帳」というらしい。

この雑誌は、今では当たり前になった編集方法を生み出したんだそうだ。

挿絵や写真重視、料理のレシピ記事、商品の比較検証等々。






posted by 田沼 at 17:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TVっ子の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「暮らしの手帳」は亡き母の愛読書でした。
Posted by 匿名希望(横浜市在住) at 2016年07月20日 10:48
この雑誌は読んだことがありません。
いまもあるんでしょうかねえ?
今度、書店で探してみましょう。
Posted by 田沼 at 2016年07月21日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。