2016年08月04日

生ごみ処理容器を使ってる

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ここ2ケ月というもの、段ボールコンポストに取り組んできた。

これはこれで、生活のローテーションになってきて、今後も続けようと思っている。

今は、生ゴミ処理用の容器を使って、EMボカシと混ぜ合わせる方法も併用してやっている。


その理由は以下の通り。

@梅雨の雨の日に軒下に置いていた段ボールが濡れてしまって、しかもそのまま放置したら虫が湧いてしまった。

生ごみ.png黒いゴミ袋に入れ直して、日光を活用した熱処理をやった。

その後に新しい段ボールで再開することにしたが、密閉容器で虫が湧かない方法はないものかと思っていた。

嫌気式と好気式の生ゴミ処理法を併用できないかと考えた。

A生ゴミ処理用の容器を使って液肥を作りたいと思った。

生ごみ2.png段ボール式だけだと、水分は蒸発するか微生物が活性化するのに使われてしまう。

ゴミ処理の最中に出た汁を、液肥として活用出来たら一石二鳥だ。

1週間もしたら、ペットボトルの底に1〜2cm溜まった液肥を水でいっぱいに薄めて使ってやろう。



併用の方法は、Aで処理した生ゴミを@に混ぜるだけの話だ。


ちなみに、EMは役場で1kg300円、容器はホームセンターでも1500円くらいで売っている。

家庭ゴミは減るし、堆肥や液肥取れるしで万々歳だ。






posted by 田沼 at 17:29| 福岡 ☁| Comment(2) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
他の町の事は全く知りませんが、住む自治体では
生ごみは分別収集して、堆肥加工しています。
全戸にブログ1枚目の写真の容器が配られ(無料)
この容器ごとゴミ収集場所に置いておくと中を空に
して行きます。
我が家では夏はコンプストに入れて冬だけこの容器を
利用しています。
液肥ですか・・・考えもしませんでしたが良いですね・・・。
Posted by たびいくひと at 2016年08月04日 06:18
たびいくとさん
いつもありがとうございます。
容器が無償で配られるなんて、すごいですね。
自治体によって、考え方が随分と違うものです。
液肥は、明日にでも第一回を取り出して、500倍くらいに薄めて使うようにしたいと思います。
Posted by tanuma at 2016年08月05日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: