2016年07月09日

小玉スイカの宙吊り栽培


CIMG0022.JPGスイカは作り過ぎても困ってしまう。

冷蔵庫で冷やすのは、半分に切っても1個分がせいぜいというところだ。

夫婦二人だと、大玉スイカが形を変えながらも1週間は冷蔵庫に入っている。

三人の息子たちは、それほどスイカが好物というほどでもない。

一個の半分くらいは貰ってもらったが、後は畑で腐らせてしまった。


そこで、今年は小玉スイカを栽培することにした。

これなら、保存しやすい。

ついでに、露地栽培ではなくって空中栽培に挑戦することにした。

CIMG0025.JPG平たく言えば、キュウリみたいにネットで上に誘引し、実ができたら宙吊りにするというものだ。

これなら広い栽培地が必要ではないので、小さなふれあい農園には適している。


一週間ほど前から実が成り出して、直径が20cmほどにもなって来た。

それで、今は赤い袋状のネットを買ってきて、小玉スイカを吊るしている。

5〜6個が成長しているので、もう1週間もすると一個目が食べられるだろう。


追伸

ネットを突き破りそうに成長したので、CIMG0020.JPG本日1個を収穫。






posted by 田沼 at 20:59| 福岡 ☔| Comment(2) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
我が家はメロンも食べますが、スイカ派です。
毎年5個ほど買ってくるでしょうか。
昔自分の家でも作りましたが、大きな場所が必要
なのと思ったようなおいしい物が出来ないので・・・。
北海道は空中栽培はカボチャくらいで、スイカは見かけ
ませんね。今後のブログに期待しています。
Posted by たびいくひと at 2016年07月09日 07:42
ありがとうございます。
この記事を立ち上げた後に、大きく成長した1個を収穫しました。
冷蔵庫でゆっくり冷やして、今日の夕方にでも食べたいと思います。
Posted by tanuma at 2016年07月09日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。