2016年06月23日

雑誌の女性編集長の話

NB28_37.JPGラジオで聞いたある雑誌の女性編集長の話。


男性は、現役の頃のポストにいつまでも縛られるらしい。

女性は、今の生活、今の人間関係に意識を転換できる人が多いという。

を生きる力は、女性の方が高いというのが、その編集長の主張だ。

男性は、順応力が弱くって、仕事を通してしか物事を判断できないらしい。

確かにそうかもしれない。

私も、よるとさわると人事の話や上司の悪口ばっかり話していたような気もする。

そのことを意識しながら、定年後の話題について考えることにしよう。



定年して、一番困った存在が「自分は現役の頃〜」と話したがる人。

定年後何年も経ったのに、当時の役職を持ち出すんて困惑するばっかりだ。

当時の役職が絡む話題で盛り上がろうとする人も案外多いものだ。

「あの時、だれそれがこう言った」うんぬん。

知らんわい・・・てなもんだ。

あるいは、「今は誰々が何々のポストについてる」なんて話をしたがる人も多い。

私も興味があるんで楽しく会話しているが、今後は気をつけよう。



tehepero3_man.png今は、仕事上の付き合いがなかった人と話すことが多くなっている。

だから、誰が何をしているか気にならないようになっている。

だって、定年後も「上司と部下」なんて関係を引きずりたく無かったもんで、そんな関係を重視しそうな人の集まりには一切参加しないようにしているんだ。

当たり前のことなんだが、そんな集まりに参加しなくっても普通に生きていける。

困ったことなんてない。


新しいく知り合った人々に案外魅力的な人が多いというのもおもしろい。

A氏は町の遺跡に詳しい。

B氏は仕事以外にスポーツやボランティアに生きがいを感じている。

C氏は月に一度、一人でドライブに出かけるという。

それらの人々の話題はいつも楽しい。

次は、あれする、これする・・・そんな会話は前向きでいいもんだ。

定年後こそ、未来に向かって生きたいものだ。





posted by 田沼 at 17:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。