2016年06月09日

旧友と愚痴りあった

1年ぶりで、旧友に偶然出逢った。

medical_katakori_ojisan.png宴会の席の外のフロアー。

宴会を逃げ出そうとフロアーに出てみたら、彼も同じ思いだったらしい。

「話そうや」と、彼に誘われてソファーへ。


彼は定年後の新しい職場でも気を使うことが多くて大変らしい。

まさか、定年後に自分がこんな職に就くなんて・・・と愚痴っていた。

人の欠点ばかり指摘する上司とぶつかって、定年後の就職先を曲げられたらしい。

良くある話だ。



しかも今日の宴会は、仕事上の偉さと人間的な偉さを混同した人々とともに過ごさねばならない。

こんな飲み会ほど、むなしいものはないと言う。

全面的に、納得。

彼も、ストレスが溜まっているらしい。

私はというとほぼ毎日忙しく働き、家庭菜園に汗を流し、孫と戯れている。

実に能天気な毎日だ。

「そんな生活がいいかもね」と彼は言う。

研肌でエリートの彼がうらやましいと思っていたが、やっぱりストレスが溜まっているらしい。



互いに近況を好感交換し、互いに愚痴って、もの15分くらいで別れた。

「ジャガイモを多く作り過ぎたんで、今度持って行くわ」の言葉を後に。




posted by 田沼 at 22:48| 福岡 ☁| Comment(2) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
定年後の再就職は、精神的や肉体的にキツイところがあり、ストレスのない所で働ければいいのですが、なかなか難しいですね。
Posted by 豊田年男 at 2016年06月09日 12:01
中々、世の中というものはうまくいかないものです。
かくいう私も若干のストレスを感じていますが、感じていないふりをしていると随分と弱まるみたいですね。
ストレス原因の第一位は、人間関係と言いますから、そんな人とはできるだけ離れていることにしています。
もっとはっきり言うと、無視しています。
ざまあみろ・・てな具合です。
Posted by tanuma at 2016年06月09日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: