2016年06月04日

廃物利用の菜園区画

借りているふれあい農園の区画には、我が家の廃品がいっぱいに活躍している。

まずは、10年も放置されていた物干し台。

IMG_20160530_171536.jpg

庭の隅っこにあったんだが、さすがにステンレスなもんで錆びることがなかった。

それで、捨てるに捨てられず10年も居座っていた次第だ。

それを分解して区画に持って行き、小玉のスイカやカボチャの空中栽培の柱にした。

IMG_20160530_171609.jpg

先っぽが折れて、もう使わなくなった釣り竿。

30年ほど昔の品物だ。

父の遺品だし、私も使い込んでいたもんで捨てるに捨てられなかった。

それは、トマト支柱の横棒として再利用。


ガレージの補修工事後、天井を支えていた足は捨てずにとっておいた。

アルミ製で頑丈なやつだ。

これも、カボチャの支柱として再利用。


使い古しの物置の引き戸でつくった農具などの物入れ。

底が抜けたゴミバケツは、雨水溜めの容器として再利用。

庭のプランターに使っていた土は、牛糞や活性剤、肥料、苦土石灰と混ぜて畝にまいている。

一番の再利用は、自分の区画や周りの土地に生えていた雑草。

刈り取ったものを畝と畝の間の通路に敷いている。

秋野菜の畝づくりの時にでも、畝の中に漉き込んでやろうと思っている。


そんな区画の様子を見に来た菜園仲間のAさん、Bさん。

「廃品の利用でがんばってますねえ」と褒められた。

本当は節約しただけなんだが、やっぱり褒められるとうれしいものだ。





posted by 田沼 at 19:01| 福岡 ☁| Comment(2) | 節約も遊びにしてしまう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろと廃品の利用方法を考えるのも、また楽しいですね。
物干し台を再利用されたのには、驚きです。
頭の固い私には、思いつきませんでした。
Posted by 豊田年男 at 2016年06月05日 04:12
庭がガラクタでいっぱいになって、困っていたんです。
捨てるに捨てきれないでおいたままになっていたものばかりです。
今度は30年前に買ったキャンプ用のテントをビニールハウスにしようかなんて考えています。
タープの支柱はすでに使用中です。
Posted by 田沼 at 2016年06月06日 05:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: