2016年06月24日

三男から冷蔵庫をもらった

3442.jpg三男が、学生時代に使っていた冷蔵庫をくれるという。

家から独立してアパートを借りるのでいらないという。

大学卒業後は家の倉庫に眠っていた冷蔵庫だ。


6年ほど使っているので、もうずいぶんと古い。

表面はデコボコで、ガムテープの補修跡まである。

捨ててもいいんだが、小市民の辛さで「もったいない」という意識がムクムクと持ち上がった。


それで、ジャガイモの保管庫として活用しようということになった。

冷蔵庫の中は、暗くって、湿度も温度も一定に保つことができる。

名案だ〜!!!と思って、倉庫から出してみるまではよかった。

DIYしたデッキの上に乗せたが、あまりにも小さかった。

と、いうよりも今年はジャガイモの大豊作なもんで、冷蔵庫に入りきれないんだ。

今年の収穫量からしたら、あと2台は必要だ。

悔やんでみても仕方がない。



ジャガイモは光と湿気を嫌うという。

残りは新聞でくるんで段ボールに分け入れて暗い倉庫に保管することにした。

時々、中をのぞいて上下を換えたり、保管場所を換えたりしようと思う。



我が家と三兄弟の家庭で使っても、半年は持ちそうだ。





posted by 田沼 at 21:26| 福岡 ☔| Comment(0) | 節約も遊びにしてしまう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: