2016年06月03日

暇だから検証してみた

新しいふれあい農園の区画等でジャガイモを育てた。

どこも2mほどの畝で、全部で10本ばかりの小さな菜園だ。

ジャガイモの植え方には諸説あって、今年はちょっとばっかり「試し植え」で検証することにした。

2月下旬頃の話だ。


試し植えの内容は、下の通り。

@30cmほど溝を掘って堆肥と元肥を入れ、種芋の切断面をにして植える。

A同様に溝を掘り堆肥・肥料まで一緒で、切断面はにして土をかぶせた。

B10cmほどの溝を掘り、種芋の切断面をに向けて並べ、間に堆肥と肥料を置いて土をかぶせた。

C同様にしながら、種芋の切断面をに向けて土をかぶせた。

DBとCに、マルチの浅植えを実施した。

当初は、種芋いもの切断面を上にしたマルチとABの植え方の生長が早いように感じた。

時が進むと、見た目にはあまり変わらない状態になってきた。

結局、収穫の良し悪しで勝負ということになる。

当たり前の話だ。

そこで、収穫高を比べてみることにする。

@
一番.JPG

A
2番.jpg

B
3番.JPG

C
4番.JPG

D

CIMG0036.JPG

結果発表

見た目にはちょっと分かりにくいが、収穫量や大きさを比較してみると圧倒的にDがよかった。

すなわち、浅植えで、肥料は種イモの間、マルチをかけた上に一度だけ土寄せした方法だ。

その他は、C > B > @ >Aという感触だった。

この結果、我が菜園では今後Dの方法を採用することに決定!!!




posted by 田沼 at 22:28| 福岡 🌁| Comment(2) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
我が家では、マルチと土寄せの2通りを試験していますが、
まだ発芽して間もなくやっと95%ほどの発芽となっています。
マルチの方は昨年は発芽率が半分ほどしかなかったので、
収穫も少なかったのですが、今年は発芽の後マルチを施したので
今のところ発芽が順調です。
マルチのイモは大きいのがありました。
Posted by たびいくひと at 2016年06月03日 06:59
やっぱりマルチ効果というのは、バカになりませんね。
うちのジャガイモでも大きいのがたくさん穫れました。
絶対、マルチという結果です。
初めての試みだったんですが、大成功でした。
Posted by tanuma at 2016年06月03日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。