2016年05月31日

定年したんで本は図書館

定年後の読書は、図書館で借りるのが安上がりだ。

しかし、IMG_20160524_100545.jpg図書館で小説本を借りようと思っても、中身が分からなくて困ってしまうことがある。

借りて帰って読み始めたら、自分の趣味に合わない内容だと途中で投げ出すことになる。

それに比べて、書店の本は裏表紙や帯にあらすじが書かれているので、非常に選びやすい。


そこで、我が格言。

図書館で借りる本は、書店で選べ。

先ず、書店で単行本や文庫本のあらすじを見ながら「これぞ」と思うものを探してメモっておく。

次に、そのメモを頼りに図書館で本を探して借り出す・・・という具合だ。


新刊は図書館に置いてないことの方が多いので、文庫本を探すのがいいだろう。

文庫本は、1年以上前の新書を文庫化して発刊たものなので、図書館の蔵書になっている可能性が高い。

しかも、出版社は人気が高かったものしか文庫化していないので、楽しめること請け合いだ。




posted by 田沼 at 21:32| 福岡 ☁| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。