2016年04月03日

久々のハンバーグランチ

TVの食レポ番組を見ていたら、無性にハンバーグが食べたくなった。

選んだのは、近くにのあるビックリ・ドンキー。

(隣町の篠栗にポパイというハンバーグ専門店があったが、最近は看板を見なくなって久しいので選択から外してしまった。)


2.jpg
ビックリ・ドンキーは10年ぶりの来店になる。

当時は子どもたちを連れての来店だったので、あわただしい食事だったことだけが思い出に残る。


席に着いて、注文したのはおろしそバンバーブランチ。

シソが好きなんだ。

ランチと言いながら900円ほどの価格設定には驚いた。

そこは大人対応で我慢する。



10分もすると、テーブル上にラ一ンチセットが並んだ。

先ずは、待ちに待ったハンバーグを一口。

う〜ん。

中々いいじゃないか。

肉の味がしっかりしている。

冷凍のパテをチンしただけではない感じだ。

ベタベタした油っ気もない。

味噌汁には大きめの具が入っているし、ポテトやサラダも個性がある。

味のクオリチティーは価格に見合っている。

腹いっぱいになった分量を加味すると、900円では安いかもしれない。

リピーター率100%というところか。


帰宅してネットで調べたら、創業は1960年代後半だという。

その頃、日本に進出してきたマクドナルドに対抗してハンバーグ、ごはん、サラダを一つに盛り付けるディッシュメニューを考案したのが今に至るらしい。

店の内外装は、テーマが小人の国や冒険を連想するものとなっており、それぞれの店ごとに違っているというのが面白い。

二つ折りにした50cm四方の巨大メニューも特徴になっている。



posted by 田沼 at 20:55| 福岡 ☔| Comment(0) | B級グルメと料理の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。