2016年01月15日

いいじゃないか春待気流

休みの日。

朝食の皿洗いなど一仕事を終えて、朝風呂に入りながらラジオを聴いていた。

数年前に防水ラジオを買ったので、ラジオを聴きながらの朝風呂だ。


そこに流れてきたのが「春待気流」という音楽。

軽快で、この上なくさわやかな曲だ。

曲調といい、リズムといい、一昔前の吉田拓郎みたいだ。

春を待つ手紙、春の風が吹いていたら、旅の宿、隣の町のお嬢さん。

そんな時代、ニューミュージックという言葉があった時代の懐かしい曲調だ。


アナウンサーが長渕剛の曲だという。

はあ?

力強さが特徴の彼の曲?

聞き違いだろうと思って、風呂から上がるとすぐにネットで調べた。

あった。

1980年にリリースした曲らしい

35年も前の曲だから懐かしいはずだ。

YouTubeで調べたら、素人さんの動画がUPされていた。

誰かのコメントには「長渕の原点となる曲」とも書いてあった。

知らなかった。

長渕ファンには申し訳ないが、初めて聴いた曲だった。

本人の歌が聴ききたくて楽天で購入しようと探してみたが、カップリングが見つからなかった。

残念!




posted by 田沼 at 06:01| 福岡 ☀| Comment(0) | PCで遊んでる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。