2015年11月03日

青空をバルーンが飛ぶ

好例の佐賀バルーンフェスタが開催された。

securedownload1.jpg

40年ほど前に始まったバルーンが、今や国際大会になって佐賀県の一大行事に発展した。

稲刈りが終った後に、若者がバルーンを勝手に飛ばして遊んでいたのが始まりだった。

正式行事としてバルーン大会になった頃、私も見に行ったことがある。


securedownload2.jpg

当時は、広い河川敷に20機ほどのバルーンが並んで、その場で飛び立っていった。

丁度、吉野ヶ里遺跡が発見された頃で、あぜ道を通って遺跡も見学に行った。

バルーンが飛び立つ河川敷近くに駐車して、土手に腰掛けて見ていたものだ。

4.jpg

それが今や、国際大会になって随分な数のバルーンが佐賀平野の上空に浮かび上がっている。

形も色もむかしとは雲泥の差だ。

3.jpg

大きなテントの中では。地域の名産やB級グルメがいっぱいだ。


特色のなかった佐賀県に名物が出来上がったという感じがする。

佐賀県人の自慢の種になっているのではないだろうか。





posted by 田沼 at 03:56| 福岡 ☔| Comment(0) | 博多周辺・ちょっとそこまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: