2015年06月03日

プランターじゃがいもの収穫(2)

ブログのコメントでHさんにご指導ただいたとおり、試しの収穫から10日余りの時を置いた。

ほとんどのじゃがいもが枯れ出したので、収穫本番とした。



IMG_20150530_151535.jpgでもって、今回は長男家の孫娘に助っ人を依頼。


昨年は、ふれあい農園での助っ人を頼んだが、そこら中の畝を勝手に掘り返す彼女だった。


掘り返した土は、やはり助っ人に来てくれた三男にかぶせてキャッキャ、キャッキャと喜んでいた。



今回は庭のプランター。


ちょうど砂遊び用のスコップが壊れたというので都合がいい。


なにしろ、2個のプランターをひっくり返すだけの収穫方法だ。




3歳になって物事が分かるようになったし、プランターをひっくり返して小山になった土の中から掘り出すだけなのでご乱心もないことだろうと思っていた。

IMG_20150530_151445.jpg

が、甘かった。


やっぱりそこら中に土をまき散らして大喜び



収穫は・・というと、彼女の助っ人の甲斐?もあって大収穫。


大きいものを選んで、長男家のお土産にしてもらった。


かくして、一件落着。



彼女が帰った後で、残り8つのプランターもひっくり返した。

ふれあい農園分の収穫祭は、もう少し後になりそうだ。




posted by 田沼 at 05:56| 福岡 ☁| Comment(5) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プランターでこんないい芋が出来るんですね。驚きました。
3歳のお孫さんのはしゃぎぶりが目に浮かびます。
近所の孫は6歳なので、今は畑の歩いてはいけないところを理解していますが、3歳の時はどこでもお構いなしの状態でした。
千歳の孫(男)は小さい時から畑の歩くところを理解していましたが、移植シャベルを持たせると、歩いているところのどこにでも穴を掘り手伝い(笑)していました。
Posted by たびいくひと at 2015年06月03日 06:58
いずこも同じなんですね。
我が家では、孫娘のことを我が家のエリカ様と呼んでいます。
塩尻エリカから取りました。
プランターは作付け計画を間違ったために余ったもので、10個にジャガイモを植えました。
おかげで、ふれあい農園の畝一本分が収穫できました。
Posted by tanuma at 2015年06月03日 11:40
おばんです。
ずいぶんと賑やかなイモ掘りのようでしたね。
いずれも子供たちにとってイモ掘りはとっても楽しいようです。
まずまずの収穫となったのではないですか。
市民農園のジャガもあるんでしょ?
新ジャガを美味しく食べたblogネタを楽しみにしております。
Posted by hachi at 2015年06月03日 19:38
コメント有難うございました。

プランターといえば、私も以前、大葉を育てようと試みたことがあります。

アパートのべランドに置いていたのですが、その夜が大雨になり、折角の培養土が流れ落ちてしまったので、嫌になってやめた経験があります。

しかし、貴ブログの他の記事にも見られる貴方様の研究熱心さと旺盛な好奇心に触れ、もう一度、チャレンジしてみようかな、と思いました。

初めて読んで楽しいブログだったので、勝手に私のブログのリンク集に追加してしまいました。

お許し下さい。

これからも読ませて頂きます。

よろしくお付き合い下さいませ。
Posted by ナガサキブタロー at 2015年06月04日 07:44
hachiさんへ
そうなんです。
市民農園にもいっぱい植えたもんで、腐る程収穫できそうです。
我が家と長男夫婦家で半年は持ちそうです。

ナガサキブタロウサンへ
どうぞ、どうぞ。
勝手にリンクしちゃって下さい。
むしろ大歓迎です。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 田沼 at 2015年06月05日 06:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。