2015年05月10日

波戸釣りの季節はまだかいな

気温もどんどん上昇してきた今日この頃。

そろそろ波止場でつ釣りが出来るシーズンなんじゃなかろうか。


若い頃は五島列島の沖に泊り込んだり、船を仕立てた鯛釣りなんかをやっていたが、もう体力が追いつきまっしぇん。

波止で落とし込みをするにも博多湾では釣れなくなってきた。

もう波止で浮き釣りかサビキ釣りでお茶を濁す程度でいいんじゃないかとも思えてきた。

それで、昨年10月頃、福岡県北部の新宮波止まで偵察に行ってみた。

すると、おばちゃんとおじちゃんが波止の端っこで、小アジが入れ食いだと自慢げに語っていた。

その気になれば3桁も可能らしい。

小アジかあ!

と、心の中でバカにしてしまったが、小魚でも一枚一枚おろせば立派な刺身の盛り合わせになる・・・というブログ記事を読んで、「来年は定年なので暇つぶしにでもやってみるか」という気になっていた。


それで、今年のある晴れた朝。

ドライブがてら新宮波止までやってきた。

CIMG0004 (2).JPG


するとどうだろう。

真っ青な空の下、もう10時だというのに1m置きに釣竿が並んでいるではないか。

小アジの始まりらしい。

竿が並んでいるということは、釣れているという証拠だろう。

しかし、10時はマズメ時を外れ過ぎなんじゃあなかろうか。


休日だったので、家族連れも多い。

平日のマズメ時を狙ってみようと胸算用。

500円くらいのアミで、どれくらいやれるか試してみよう。

暇つぶしには、丁度いいかもしれない。


新宮港の外に長く伸びた防波堤では、チヌやメバル、キス、カレイなんかも釣れるらしい。

追々様子を伺って挑戦してみようと思っている。

毎日遊んで暮らせそうだ。




posted by 田沼 at 05:36| 福岡 ☀| Comment(2) | 博多周辺・ちょっとそこまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若いころなかなか休みの取れなかった頃から、車中泊と釣りが好きでたまに行っていました。特に釣りは、のんびりした時間が持てるので、「釣れない釣り」と称して、たまに釣れるのを楽しんでいました。
そうです。定年退職すると、毎日遊んでいられるので暮らせるのです。
Posted by たびいくひと at 2015年05月10日 07:04
若い頃は誰かと一緒にしか行きませんでした。
釣りそのものよりも人と話しながらじゃ無いと楽しめませんでした。
でも、これからは一人でも楽しめるようになろうと思います。
次の大潮のマズ目ときを狙っています。
Posted by 田沼 at 2015年05月11日 05:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: