2015年01月30日

顔 FACE

作者は横山秀夫

【本の帯】

「だから女は使えねぇ!」

鑑識課長の一言に傷つきながら、ひたむきに己の職務に忠実に立ち向かう似顔絵婦警・平野瑞穂。

瑞穂が描くのは、犯罪者の心の闇。

追い詰めるのは「顔なき犯人」。

鮮やかなヒロインが活躍する異色のD県警シリーズ!

【読後感想文】

警察小説というジャンルの新しい担い手として、いろんな文学賞を取っている作家だ。

面白くないはずがない。


読み始めは、確かに男社会で苦悩する主人公が描かれていた。

似顔絵描きが専門なんだが、そちらでは失敗ばかり・・・・。

しかし、連続する短編を読み進むうちに、この主人公がすばらしい感を働かせて事件解決していく過程が面白くなってきた。


最後は、警官による殺人まで見抜いてしまうという楽しさ。

巧みな設定、場面の描き方、最後の落ち・・・何を撮っても流石は横山秀夫だ。

伊達に多くの文学賞を取ってはいないことがうかがえる。

本作品は地味だが、第一級品の小説だと思う。




にほんブログ村



ラベル:横山秀夫
posted by 田沼 at 05:06| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。